大型船総トン数20トン以上の大型船舶の船長や機関長、通信長などには、かならず海技士の免許が必要です。

海技士免許は航行する区域や船の大きさなどによって次のように分かれています。

海技士(航海)一級〜六級、海技士(機関)一級〜六級、海技士(通信)一級〜三級、海技士(電子通信)一級〜四級。

海技士になるには、一定の乗船経験を積んだ後、海技士国家試験に合格する必要があります。

海技免状 新規取得について

海技免状を取得するためには、規定の講習を受ける必要があります。
詳しくはお問い合わせください。

海技免状 更新・失効講習について

●免許更新講習…有効期限内の方が、更新手続きを行う際に受ける講習です。

●免許失効による再交付講習…有効期限が切れてしまった方が、再交付手続きを行う際に受ける講習です。

※ 海技免状には有効期限があり、5年ごとに更新する必要があります。
 有効期限はお持ちの海技免状でご確認ください。
 この日を経過してしまうと海技免状は失効してしまいます。

※ 海技免状の有効期間は5年で、満了する1年前から更新することができます。
 ただし期間満了の6ヶ月以上前に更新した場合、有効期間は更新した日から5年間となります。
 それ以降に更新した場合は、期間満了から5年間となります。

受講内容

対象者 講習時間
四級海技士~六級海技士で有効期限切れ5年以下
(一級~四級の通信・電子通信で有効期限切れ)
約3時間講習
四級海技士~六級海技士で有効期限切れ5年以上 約8時間講習
一級海技士~三級海技士で有効期限切れ5年以下
一級海技士~三級海技士で有効期限切れ5年以上 約13時間講習
(2日間)

受講料金

受講料 身体検査料 印紙代 申請手数料 郵送料 合計
更新講習 4,560円 2,530円 1,700円 3,996円 414円 13,200円
失効講習A 9,700円 2,530円 1,500円 5,056円 414円 19,200円
失効講習B 23,870円 2,530円 1,500円 5,086円 414円 33,400円
失効講習C 34,190円 2,530円 1,500円 5,066円 414円 43,700円

※大型海技士 身体検査は指定医が講習会場で行います。

講習日程

講習日程につきましては、以下より閲覧ください。

海技士免許 2020年「更新・失効講習日程」
ダウンロード(PDF)

講習会場

JEIS東北内(アクセスマップ)

受講当日持参するもの

海技免状・操縦免許証

《海技士(通信)の方は無線従事者証明書》
《海技士(航海)の方は海上特殊無線技士(1級のみ)の写し》

※紛失されている場合は車の運転免許証の写し

写真 ※海技士の場合は(3cm×3cm)2枚

※弊社でも撮影可能です。(別途料金:¥500)

印鑑(認印)

※ご本人が申請される場合は必要ありません。

費用(上記参照)

当日、現金でのお支払いとなります。

事前に指定医受診の証明書をお持ちの方は原本もしくは写し1通

(事前にFAX等で確認いたします)

お申し込み方法

申し込みはお電話またはメールで受付いたします。

お手元に「海技免状・操縦免許証」を用意の上ご連絡ください。

TEL:022-290-3091
E-mail:mail@jeistohoku.jp