「特定操縦免許」は旅客船や遊漁船等人を運送をする事業用小型船舶の船長になろうとする方に必要な資格です。

※船舶職員及び小型船舶操縦者法の改正により、令和6年4月から特定操縦免許制度が変わりました。

 既に特定操縦免許をお持ちの方も、令和6年4月1日から2年の間に「移行講習」を修了しなければ特定操縦免許は失効しますのでご注意ください。

 詳細は下記サイト(国土交通省)からもご確認いただけます。
https://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_mn10_000004.html(外部サイト)

特定操縦免許講習について


⚓ 講習内容 ⚓

①救命に関する科目(7時間)


移行講習(②+③)
②小型旅客船の船長の心得に関する科目(学科4時間)
③小型船舶の取扱い、基本操縦及び応用操縦に
 関する科目(実技4時間)

上記①+②+③の計15時間の講習課程となります。


令和6年3月31日までに特定操縦免許を取得した方

令和8年3月31日までは特別なお手続きなく、引き続き小型旅客船・遊漁船に船長として乗船可能です。

ただし、令和8年4月1日以降も小型旅客船・遊漁船に船長として乗船する場合は令和8年3月31日までに移行講習(上記の②+③)を修了することが必要となります。

なお、小型旅客船・遊漁船の船長として3ヶ月以上の乗船履歴がある方は、移行講習のうち③実技を免除することが出来ます。

 令和8年4月1日以降は実技が免除できなくなりますのでご注意ください。
実技免除可能な方は令和8年3月31日までに申請を終わらせる必要がございます。


▶実技免除のために必要な乗船履歴証明書はこちら
小型旅客船用WordPDF)又は遊漁船用WordPDF)】



⚓ 修了試験の導入 ⚓

科目毎に行う修了試験に合格した者に対してのみ修了証明書が交付されます。

不合格の場合は合格基準に達するまで補講・再試験が行われます。




⚓ 履歴限定制度の導入 ⚓

一定の乗船履歴がない場合は、小型旅客船・遊漁船に船長として乗船できる航行区域が平水区域に限定されます。

沿海区域以遠を航行する小型旅客船・遊漁船の船長となるためには、一定の乗船履歴を積むことにより限定解除を行う必要があります。



講習日程

 調整中 



講習会場

 調整中 



 

TEL:022-290-3091  
FAX:022-290-3092
E-mail:mail@jeistohoku.jp